Far East Paradise
deli-hell-me:

アルジェリア機の墜落で航空機への不安高まる - WSJ

世界全体の飛行100万回当たりの事故率は引き続き改善している。国際航空運送協会(ICAO)の最新の安全報告によれば、12年の同率は3.2、08年は4.8だった。

 機体喪失を伴う事故は昨年は240万回の飛行で1回の割合で起きた。これは130万回に1回だった09年の水準から改善している。最も安全だったのは12年で、480万回に1回だった。国際航空運送協会(IATA)は、航空機事故は大幅に減少しており、1回のインシデントでも統計がゆがむほどだと指摘した。IATAのタイラー最高経営責任者(CEO)はマレーシア機撃墜のあと、「航空機は依然として安全だ」と述べた。

deli-hell-me:

アルジェリア機の墜落で航空機への不安高まる - WSJ

世界全体の飛行100万回当たりの事故率は引き続き改善している。国際航空運送協会(ICAO)の最新の安全報告によれば、12年の同率は3.2、08年は4.8だった。

 機体喪失を伴う事故は昨年は240万回の飛行で1回の割合で起きた。これは130万回に1回だった09年の水準から改善している。最も安全だったのは12年で、480万回に1回だった。国際航空運送協会(IATA)は、航空機事故は大幅に減少しており、1回のインシデントでも統計がゆがむほどだと指摘した。IATAのタイラー最高経営責任者(CEO)はマレーシア機撃墜のあと、「航空機は依然として安全だ」と述べた。

一般に、「虐待を受けた人は、子どもにも繰り返す」という世代間連鎖が信じられてきましたが、この白書によると生育歴のなかで被虐待経験を持つ人は約1割にすぎません。

「児童虐待」してしまう心理とは? - All About focus on(オールアバウト フォーカスオン)

これも めいしん

だったのか……

(via firedfly) (via petapeta) (via kml) (via gkojax, jinon) 2009-05-12 (via gkojay) (via reretlet) (via hyasuura) (via katoyuu)

(via kikuzu) (via himatbshiz)

(via k-angie) (via chihira-masamichi) (via ixa) (via niseyousui) (via shinjihi) (via sejiijes) (via cannot994k) (via see-you-cowboy) (via sanpotekuteku) (via 1899blaugrana) (via yellowblog)

(via andi-b) (via hsmt) (via numbnumbclub) (via ibi-s) (via deli-hell-me) (via flatmountain) (via precall)

(via mukibutsu11) (via magurohd) (via plasticdreams) (via yaruo)
自分の人生は、自分が動かなければ、絶対に変わりません。自分が動くことなく楽しくなることも、いい話が転がってくることもないのです。
「本当にあった怖い話」より「本当は無かった楽しい話」の方が精神的にくると思う。
Twitter / ezo_sukashi (via tkr)
おお……子猫が「風」の概念を理解していないのを見てしまった……自分の身体に何かあたるのは分かっているらしく「(’ω’)やめろぉ!なにか俺の身体あたったろぉ!やめっ何もねえ!なんだ!うぉお!」って扇風機の前でのたうちまわっている
Twitter / RGR4Y (via gearmann)

nbacooldudes:

James Harden and Chandler Parsons  Houston Rockets

nbacooldudes:

James Harden and Chandler Parsons  Houston Rockets

halfdry:

1340614398399.gif
 以前、海外専門の駐在員をしていたころ、日本人の客からちょくちょくクレームをもらった。これはヨーロッパならではのクレームである。いわく、
「床にスーツケースを開けて広げられないほど部屋が狭いのよ!」
「日本人が小さいからって、わざと狭い部屋をあてがったりして」
「そりゃわたしたちは日本人だもの、たしかにうさぎ小屋に住んでいるけど、海外に来てまでこんな仕打ちはないんじゃないの?」
 と挙句には、目に涙をいっぱいにためる中年のご婦人までがいた。
 すべて誤解に満ち溢れている!
 ヨーロッパ人が広い部屋に住んでいると、どうして思い込んでいるのか?
 それはきっと、われわれ日本人がうさぎ小屋に住んでいると思っているからである。
 ここで上のデータを見てもらいたい。
 アメリカが断トツ1位になったのは、たぶん想像どおりだろうが、日本の5位はたぶん想像を超えている。
 添乗員をやっていたころ、「実は意外と日本の家屋は広いんですよ」と、このデータを見せて説明できていたなら、客の納得度もさらにアップしていたにちがいない。
 ではどうして日本人は、うさぎ小屋に住んでいることになっているのだろうか?
  資料によれば、ECで日本の報告書をつくったおりに、当初フランス語で日本人は「cage a lapins」に住んでいると報告されていた。これが英語に直訳といううか、誤訳されて、日本語で「うさぎ小屋」となったのである。しかし、「cage a lapins」というフランス語は、「都市型の集合住宅」といった意味もあり、これから連想されるのは、当時開発されていた高島平などの巨大集合住宅だっ た。

活字中毒R。 (via kikuzu)

happywingnon117からリブログしました

(via tataraseitetsu)